現在の日本は世界で初めて事業承継問題を抱えた先進国

開業率が5%程度と低い日本だが、現役世代への事業承継は事業発展の可能性が高く、人材育成の新たな受け皿となり得る